2008年12月01日

繋がる繋がる

熊本のバス亭にこの夜の音響をしてくださる竹田さんが立って待って下さっていた。初めてお会いする。この夜の会場はくまもと障害者労働センターが運営している「おれんじカフェ」。はじめての出会い。そしてこの出会いを作ってくれたのは、今年も行かせてもらった奄美諸島喜界島の米田さんという人だった。私はこうして初めてのところに行かせてもらっているのだ。
おれんじカフェに入ると恵ちゃんという女性が挨拶してくれた。彼女は少し会話をする時に時間がかかる。でもカフェの仕事を一生懸命覚えようとしていてレジに挑戦しているようだ。「よしこさんに葉書来てますよ」と言われてびっくりする。なんと先月山口伊保木村フォークジャンボリーで一緒だったパギヤンさんからの葉書だった。「なんで?」
そう、この労働者センターの施設長である倉田哲也さんの映画を作ったときに主題歌をつくったのがパギヤンさんだったという。
竹田さんから倉田さんのことを聞いているうちにご本人がやってきた。言語と手が不自由、だから全てのことを足でするのだ。携帯もなんと車の運転もだそうだ。そしてに薄い名刺入れから器用に名刺を一枚渡してもらう。
20人ほどのお客さんが寒い中集まってくれた。倉田さんは一番前で足拍子をずっととって聴いていてくれた。
センターをサポートをしている元気な若者も気持ちが良かった。
そして、小さな空間だけれども綺麗な音が響いた。
唄い終わり、アンコールは「虹の王国」だ。
後片付けをみんなでして、倉田さんが綺麗な和紙の祝儀袋の出演料をあごに挟んで「アリガトウゴザイマシタ」と言ってくださる。私も大きな声で「アリガトウゴザイマイタ」と言った。もちろんお酒やご馳走や賑やかな打ち上げなどない代わりにスタッフの皆さんが寒い外に出て見送ってくれた。
竹田さんのことをみんなが「先生」と呼んでいたので車の中で聞いてみると、教師をされていたそうだ。ずっと同和問題や障害者差別などの活動を続けているそうで、食事をしていないで音響をしてくださった竹田さんとしばらく食事をしながら話をした。バンドもされているそうで、やっぱり音楽は闘いには不可欠なものだと思った。
パギヤンも在日という立場でこの人たちと繋がっていたのだろう。
逢えて良かった人たちに逢えた夜だった。
posted by よしだよしこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34901190
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック