2008年12月27日

はじめての与那国という国

今年の夏、ほんとうは与那国に行けるはずだった。しかし土壇場でキャンセルになった。だからこのツアーでの一番のワクワクは与那国島だった。しかしだ!そうしかし!またもやドタキャンになったのは出発間近一週間くらいの時。。。しかし、しかしだ!もう飛行機のチケットは買ってあるし、どうしても行く!と決めた。しかし、しかしだ!誰に?何処に?連絡したら行って唄えるの?私も元ちゃんも八方手を尽くして、、というか宝探しみたいにいろいろ調べた。元ちゃんなどはネットで民謡居酒屋まで調べていた。彼が言うには「カレーやさんのユキさんち」というところでやっていた人たちがいたという。さっそくユキさんちに電話してみると「最近は近隣への音の配慮でライヴをしていない」という、、でももしかしたら、、といって松田さんという役所にいる人の電話番号を教えてくれた。ビンゴ!だった。松田さんは私たちの受け入れを頼まれていたのだけれど、私用で島にいない時期なので断っていたのだった。しかしだ!そこをなんとか、「どんなところでも唄います」というかなりの強行オファーをしたら、「どうにかしましょうね〜」という返事!
羽田出発3日前に与那国行きは決まった。
石垣から与那国までの飛行時間は25分。しかしだ!そこは今まで行った島々とはまったく違う風が吹いていた。東シナ海の風だ。
松田さんは、東京に親戚の結婚式に行く予定を私たちのために取りやめてくださっていたことを迎えてくれた車の中で知った。なんということだ!申し訳なくて「すみません、わがままでした」と言うと、「2000キロも遠くから唄いたいとやってきてくれるんだから」と言われた。島を半周して放牧地や断崖絶壁の荒い海を見せてくれた。
ところで今夜唄わせてもらうところは?と聞こうと思っていたら、松田さんから「島で知り合いは?」と反対に聞かれた。
元ちゃんが「ヨモちゃんっていう女性が与那国のひとで、東京で友達になって、今は結婚してスイス?スエーデン?かな、、」
松田さん「え〜!今夜お借りする家は、そのヨモちゃんの実家だよ!」
これには元ちゃんびっくり!私も一緒にビックリ!そんな偶然が日本最西端で起こるのか???
まずは電話でお世話になった「ユキさんち」にて美味しいカレーをご馳走になる。そして民宿さきはら荘へ。そこにもヘルパーで働いていてつい最近まで波照間で働いていた女の子がいて彼女が波照間で私のCDを聴いていて、、という嬉しい偶然もあった。
会場は田頭(たがみ)さん宅。立派な民家だ。玄関先には子供達のための読みきかせの本が並んでいて、件のヨモ(四方)ちゃんの妹さんのルツちゃんは洋服のリフォームなどをしている。田頭ご夫妻に元ちゃんと四方ちゃんの話をしたらやっぱり驚かれたが、もっと私が驚いたのは、スエーデンにいるヨモちゃんにネット電話(テレビ電話だ!)で元ちゃんが彼女の実家にいることを連絡してスエーデンにもビックリが飛んでいったことだ。
気持ちの良い空間で窓も出入り口も開け放して唄い出す。島の人たちが静かに聴いてくれる。本当に気持ちよい時間だった。
台所ではささやかな、しかしご馳走だったな〜打ち上げを用意してくださった。なんとこのライヴが決まったのは前日だったらしい。
ヨモちゃんのお父さんもお母さんも優しい、そして島の唄を勉強している青年とお父さんの横笛で一曲。これは元ちゃんのリクエストで、子猫のことを唄ったものだ。島では伝承していく人達が減っているという。
突然嵐のようにやってきた私たちに、一宿一飯、手厚いおもてなしだった。
翌日は飛行機が夕方なので、松田さんの車でまた島を廻る。途中で松田さんは仕事に、車を借りて島探検。気になるスポットへ。しかし踏み込んだとたんにジャングルになった。私のタイツには花のトゲトゲがハリセンボンみたいに刺さって痛い!しかしだ!ズンズンと分け入っていく元ちゃんの後を死に物狂いで追いかけて行く。もともと私はこういうの好きなんだな〜でも若者にはかなわないな〜、、そしてかなりパワーを感じる場所まで行ったが、それ以上はやめた。島にはやたらに入ってはいけない場所があるものなのだ。それを感じたので短い探検は終わった。元ちゃんから「まさかよしこさんついてくると思わなかった」と言われ「ふ、ふ、ふ、アナドルナヨ」というわけで、私は一足先に那覇まで。たった一泊二日の与那国は優しい人たちとの出会いと、自然の不思議厳しさ(台風は悲惨だ)のなかでスクっと存在する王国だった。
また会えるな、みんなに。感謝。
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

西表には久しぶり

今年の夏のツアーでは西表には行かなかった。今回は「すけあくろ」のみつおさんの紹介で、はじめてのスペース。高台にあるオープンカフェ。夕日の時間は最高のロケーションだそうだ。。しかし西表らしい気まぐれな天候。夕暮れどころか、時々陽は射してるのに強い雨が降る。
屋根がまったくないところだから、一番心配なのは楽器だ。湿った空気にさらすだけで元ちゃんのタイコも私のギターも悲鳴をあげる。
でも雲がきれた夕闇のなかでシンゴくんという米などを自給して、唄っている青年がサンシンで歌い始める。奥さんや友達が踊る。シンゴくんももともとは東京の人だそうだ。西表にはこういういろいろなところから移り住んでいる人たちが多い。私の友達よりこちゃんの友達プレコさん一家も関西からの移住。
いまだにゴッツイ関西弁でダイビングハウスをやっている。息子の海やん(小1)が凄く逞しく、去年は幼稚園だったのに、、あえてよかった。
本番、私たちのステージになったらまた雨が、、今度は本降り!一目散に(お客さんより早かったか)バーコーナーに避難。それでも1時間近く皆さんにはスタンディングで生音で聞いてもらった。こういうことは島にきたら起こって当然であって、船さえ出ない日だってあるのだから、西表にこれたことだけでもラッキーだったのだ。民宿の「もりうみ荘」のみゆきさん交えて、隣の売店〈開いててよかった)でカップラーメン、つまみ、お酒買い込んで、食堂でなんだかんだとうちわだけの打ち上げ。なんたって節約です。島の人たちも倹しい暮らしです。お金やゴミを落としていくのは観光客の人たちです。浜には日本語ではない文字の書かれたペットボトルも沢山流れてきています、ここはもう大陸と眼と鼻の先なのだと思い知らされる。
もりうみ荘でも一番最初に私がオヤスミナサイ。翌日はさんしん屋という素晴らしいサンシンを手作りしてる奥田さんに友達を紹介したかったのだけれど、
あいにく奥田さんは山の中に入ってイノシシの罠を仕掛けている最中だった、今が猪狩りの季節、島の貴重な食料だ。
離島の船は甘く見ると大変なことになってしまうので、翌日の昼の便で石垣に戻る。一度ゆっくり西表の奥深く行ってみたい。。。もっとみんなと仲良くなってからだ。
石垣に昼に着いて、一日休日。いつも応援してくれてライヴで一番酔っ払って帰っていく「白百合酒造」の池原興一さんにはじめて醸造所を見学させてもらう。三代目のこいうちゃん、やっぱりいくら夜は酔っ払っていてもきちんと朝から白百合のためにはたらいているのだ。この場所から東京の居酒屋にも送られているのだ。お土産に「白百合」いただく。私はあまり泡盛を飲まないのだけれど、「白百合」という名前が好きだ。東京からの友達を空港に送ってから浜に行く。
元ちゃんが猛烈な勢いで大量の珊瑚のカケラを拾い出す。ダンボール一杯だ!どうするの?
どうも部屋に飾るらしい。集めてその後郵便局で自宅に送っていた。運転をしてくださった白百合酒造のこういちさんはかなりあきれていたかな。ああいうときの元ちゃんは「放し飼い」にするより他になすすべはない。
夕食はこうちゃん、みつおさん、ひゃくちゃん、元ちゃんと。元ちゃんは五郎君とすけあくろでセッションの約束。私もしばし二人のなんともいえないブルースのアドリブ観戦。五郎君はまだまだ原石のような存在だけれど、年上にも諂わず純粋に音楽しているところが素晴らしい。あと20年もしたら私のこと覚えていてくれるかな、、、彼は覚えていてまた一緒に演ってくれるな。
すけあくろの夜はかなり遅かったようだ。
翌日は憧れの与那国!
posted by よしだよしこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記