2008年10月28日

珈琲音

人の繋がりというのは予期しない形となって発展することが、今回の佐野「珈琲音」に行かせてもらって改めて思う。
5年前、佐野の長谷川さん夫妻の「風の子保育園」に行かせてもらった。それは松島よしおさんという音楽活動を沢山の人間関係を生かして続けている方に
連れて行ってもらったのだが、その翌年保育園で私が唄わせてもらうことになり、その時にお客さんで来ていたのが「珈琲音」というコーヒーやさんのマスター奥澤さんだ。さりげなく煎りたてのコーヒー豆をいただいた。
3年前、フォークジャンボリーで石巻に行かせてもらたときに、嶋村さんという男性とその息子さんの一歩君と始めて会った。奥さんが亡くなられるまでは、いろいろなフォークシンガーを自宅に招いていたという話は聞いていた。いまでも大塚まさじさんや、いとうたかおさんが嶋村家に行って唄っている。
あるとき息子の一歩くんと東京で再会した。なんと佐野のコーヒーやさんで修行をしているという。それが珈琲音(かひあん)だった。
今年になって一歩君から電話があり佐野の店で唄わせてもらえることになった。彼は修行をしていつか実家に喫茶店、それも音楽の出来る店を持ちたいために頑張っている。入店2年で店長。27歳。夢は力だ。
珈琲音という店の名前、どうして音という字が入っているかというと、マスターの奥澤さんが音楽をこよなく愛している、そして若者をこよなく愛している。スタッフは何人いるのかしら?男女合わせて5人以上?店の2階は寮だ。今時珍しいと思う。賄いも順番にこの若いスタッフがまかされているそうだ。マスターが抱っこしている赤ちゃん、どうみてもお孫さんと思ったら、スタッフの息子さんだった。でも似ていたな。

ゆっくりと店でコーヒーをいただき、リハーサルして(音がいい)本番までみんな忙しくしていて私は久しぶりに出番の前の一人の時間を楽しんだ。
このところ本番前の時間が慌しかったからな。
お客さんは40人ちょっと?小さな町外れの店にこれだけの人。殆どが常連のお客さんだという。中には宇都宮あたりからコーヒー飲むために句碑ともいるという。嬉しかったのは親子連れのおきゃくさんもいたこと。若い人にも聴いてもらえる。休みなしで1時間45分くらい?
途中でこの日誕生日というお客さん、なんでも24年前に開店する前からの付き合いらしい初出さん。みんなでハッピーバースディを唄う。
舘林からは、今年の夏にもお世話になった津布工さんもスーツ姿で駆けつけてくれた。嬉しい。
お客さんが帰る頃、外は激しい雷雨でそれが申し訳なかった。
皆さん無事に帰れたかな。

打ち上げは、店の奥のまさに『茶の間』で。美味しい栗ご飯、胡麻豆腐、お刺身、、。本来の打ち上げは、蔭で働いていた人たちの為のものだ。次々に自分の仕事を終えた若いスタッフの面々が集まって、マスター&ママ中心に静かに談笑。でもこのままでは終わらない。だってギターとベースがあるのだもの!
みんなで唄う。一歩くんのハナレグミの唄よかった。それからマスターは斉藤哲夫さんの唄、「さのっこ」というユニットの女の子はオリジナルうたってくれた。みんなの唄が子守唄みたいで凄く眠くなってきた。

お土産がすごかった!
私が、コーヒーミルを持っていないことをチラっと言ってしまったら、なんと優れものの手動のセラミックのミルと、サーバーセット一式いただいてしまった。もちろん豆つき。申し訳ないけれど、ありがたくありがたくいただいた。

再来年、また唄わせてもらう約束をした。1年ってあっというまだから。
2年後には、ここにいる若者達はどんなふうになっているだろう?
私や奥澤さんの何倍ものスピードで成長するんだろうなぁ、、。
奥澤さんの、愛は厳しくそして自由だと思った。
それはかなりのエネルギーと忍耐が必要なはず。

今度一歩君のお父さんに会ったら、どんなふうに彼の生活を報告しようかな?

ありがとう、芳しい香織に包まれた一夜。今年100回目のステージ。感謝。
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

両国

増幸亭は、友人のよりこちゃんの小学校の同級生である清水家の1階にある小さなホール。普段はマスコさんという方が、事務所として、そして時々落語を中心にイベントをしている場所。小さな空間、しかしかなり高さのある高座がしつらえてある。落語だからな、この高さは普通。でも私が唄うには高すぎる。急遽高座にセッティングしてもらったマイクを客席に下ろしてもらう。
お客さんの大半はよりこちゃんが通っていた両国の小学校の幼馴染。そして私のライヴにいつも来てくださる方々。親子で来てくださった方もあったが、殆どが50歳以上。でもみんな元気で若い!世代の話はあまりしたくないし、しないようにしているけれどやっぱり歳が近いと会話がスムーズだ。まずカラダのはなし、みんなどこかしら病気を体験していたりする。そして親と子供の話。しょうがないそういう年代だ。
さてライヴ。なんとなくみんな緊張しているのか静か。。。でもその静けさをいただいて、す〜っと唄いだす。今年のアルバムの曲を中心に、そして最近つくった唄も。最後は虹の王国でコール&レスポンス、やっぱり応えてもらえた。嬉しい。
このライヴは打ち上げが豪華だ。みんなが手作りでお料理やお酒を持ち寄ったから。テーブルに乗り切らないほどの料理。学級委員だったという女子さんはサラダをなんと一人ずつパックして、それから炊飯器ごと炊き込みご飯をセットして炊きたての牡蠣ご飯まで登場。面白かったのは、私の音楽を支えてくれている近藤達郎くんの中学の同級生が二人もいた。縁とはいえ不思議。よりこちゃんはすし屋の娘だったから嫁入り道具にオモイオモイ銅の卵焼き鍋を持っていて、特別のイベントのときに凄まじく旨い「ギョク」を焼いてくれる。卵8個で特製だしがたっぷりはいっていて、江戸前のアマ〜イふわふわの。2枚焼いてクタクタだったろうな。
いつも私のライヴのあとに座をもりあげてくれるベニーちゃんは新作披露。カラオケつきだ。骨折して退院したてのSさん、まさえさん、ラルクさんもいっぱい食べていて嬉しかった。
ライヴ途中で帰ってしまったK氏にも味わって欲しかった時間だ。
みんなご近所だから普段着で、三々五々と帰って行くのだけれど、幼馴染は賑やかだ。
企画してみんなに声をかけてくれたよりこちゃん、清水家のみなさん、笑顔がたえない両国の昔子供だったみなさん、そしてアウェィなのにすっかりなじんでいた皆さんも、本当にありがとうございました。
この夜は私は、清水家の2階の生前おばあちゃんのお部屋だったところに一人ゆっくり休ませてもらい、翌日の佐野に向うのに、昨夜の仲間の一人ガッチャンがタクシーをつかまえてくれてホームまで荷物を持って送ってくれた。
下町は優しい。また行きたいな〜。。。。よりちゃん。。。

今年99回目のステージでありました。
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

2008年10月26日

アメリカ

今日は、いや昨日土曜日は家から一歩も出ずに映画鑑賞。

一本目、「Missing in America」
雨ばかり降る山深い場所にひっそりと隠遁している、ベトナム戦争帰還兵の物語だ。こういう形で心を閉ざして今も傷を癒されずに居る人たちがあるのだ。

2本目、ダイスキなスパイク・リーの「25時」。時代設定は同じなのに、なんてアメリカは広いのだろう。それなのに、2本とも、とてつもなく小さな個人個人の抱えている問題を抉り出そうとする。
出しても出してもどんどん溢れてくる悲しさ。
リー監督が、9・11後につくったからには、、という凄まじい想いで録ったグラウンドゼロのポッカリと巨大な空き地の風景。いまだに遺体のDNAを掘り出す作業員と主人公達の生の現実。

2本観たら、おなかがいっぱいになった。

主題のきっぱりとした芸術が一流だ。私たちはそこに、いつも自分をさがしているのだから。
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

2008年10月23日

小さな優しさ、オオキナヤサシサ

その時には、理解できないことが、年月経て、ガッツ〜ンと気がつくことがたくさんある。気がつくのではない、気づかせてもらうのだ。
なんで、あのときあの人は私にあんなに厳しかったのか、、、。ちょっと手を貸してくれてもいいじゃないの。。。
でも今になって「あれがあのひとの大きなヤサシサ」だったのだ。

いつも蔭で、人が見ていようと見ていまいと黙々と誰かのために働いている人は、見抜く眼を持っている。

その時ばかりの優しさに、ヘイコラしない人だ。

大きなヤサシサを抱えるには、大きな勇気と忍耐がいる。
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

2008年10月20日

早起き

前夜は、頑張って終電で帰って、急いで荷造りして、よりこちゃんに風に吹かれてで携帯の目覚ましアラームをセットしてもらったので7時にバット起きて。。。東京駅からMAXに乗って新潟経由山形の小国まで。
東京駅で久我さんの娘さんの彩子さんと同席。彼女はしっかりものさんで出発から助かったし、小国駅にはお客さんで来ているはずのベニーちゃんが迎えに来ているし、もうこれは到着前からそわそわしている一人の男性の顔が目に浮かぶ。
『音祭り」これは久我さんという一人の男性が、たった一人で考えて半年以上前から小国に通い続けて、町や鶴岡市の人達と一対一で交流をして実現したお祭り。経緯はそのつど久我さんから聞いていたけれど、楯山荘という小国の旧小学校についた時には驚きました。自治会の方々が迎えてくださり。コシヒカリの新米とステーキみたいな鮭とイクラや赤カブ漬けでお昼。私ははじめ久我さんがこの町の出身だったのかと思っていたのだけれど、まったく違い、なのにこんなにみんなと仲良くなって!
東京や、いろいろ遠くからも車にのりあってチケットは200枚も売れた!
楯山荘の隣は旧い神社があり、樹齢何百年はするのかしら杉の大木、苔むした石段、マイナスイオンいっぱいいただく。この静けさはなんだ〜!ここに200人の人がどうやって集まるんだ〜?
夕方近く、車の元ちゃんが迷いながらやってくる。リハーサル、学校の講堂はナチュラルエコー〜〜〜〜〜ウワ〜ン!地元のバンドの人達もたくさん歌うのでリハーサルそこそこ、ロビーには近所からおばあちゃんや、主婦の人たちが早々とマイ座布団をかかえて待っている。
イベントの始まりは小国の青年団の団歌をみんなで斉唱。昔青年団であった私より少し年上の方々が唄っている。
私は元ちゃんと1時間半のステージをまかされた。心配していた音の反響はお客さんがみんな吸い込んでくださったからなかなか良い気持ちの音になる。大成功!人間力だ!飛び入りでちっちゃな女の子が元ちゃんのジャンベを叩く。でもすぐあきちゃったみたい、あっというまのステージ、でもみんな年代を超えてじっくり聴いてくださった。もう少しおばあちゃん達も知っている歌増やせばよかった、ニコニコ聴いてくれていたのだもの。
鶴岡市の副市長がご挨拶。久我さんどこまで宣伝に歩いたのだ?

打ち上げ、山盛りの甘エビの刺身(指がクワンクワンになるほどの思いで殻むいてくださったんだ)鮭、芋のこ汁、そしてお酒、60人以上の大宴会、もう隣の人の話も聞こえないくらいの賑やかさ。そしてさすがにお酒の注ぎかたがはんぱじゃないぞ、気をつけたな〜わんこそば状態何だもの。
でも私と元ちゃんは久我さんの配慮で民宿に移動させてもらう。
帰り際に厨房でベニーちゃんがおばちゃんたちを楽しませていた。優しい。
あとかたずけも大変だったろうな。本当にご馳走様、お疲れさま。
無償の塊。

翌日は、もとJJの阿波崎夫妻、べニーちゃん、サクマくん、元ちゃんと久我さんお勧めのおすし屋さんで贅沢!良いのか?こんな美味しくて。

この海辺のすし屋で解散。

帰りの車中、それぞれが楽しかったこと、おかしかったこと、感動したこと話し出す。

私は小国という自分ひとりでは行かないであろうそ、その一生懸命で純朴で、元気な人たちにであえたことと、そこに連れて行ってくださるために、自分流でやりきった久我さんとの出会いを思ってあらためてふ〜っと風を感じる。

久我さんが以前、私のコンサートのチケットを20枚近く見ず知らずの人にも売ってくださったこと、山形行きの前日に埼玉から私の家まで荷物を取りに来てくれたこと、美味しかったウナギ、新米、塩辛。すべてさりげなかった。

シアワセをいただいたらば、今度は自分が誰かにお返しするんだ。
これをしなくてはいられない!
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記

風に吹かれて〜還暦パーティー

17日金曜日、生田敬太郎さんのお誕生日、60回目。
この日は「風に吹かれて」の金谷オーナーが全力でお客さんと、仲間に集合をかけた。満員御礼。予約なしの人たちは立ち見。歌い手仲間の人たちもたくさんだ。司会は鎌倉研さん。しかしいつものようなネタのカマケンじゃないんだ、凄く控えめでそして粛々と進行をしていく。気持ちがいい。瀬戸口修さん、マジくんそして龍くん、とみたいちろうくん、カツドンの中島田鶴雄さん、私、斉藤哲夫さん、みんな一曲きりなのですが、殆ど敬太郎さんはステージに座ったままサポートのギターやハモニカを演奏続ける。歌い手たちも思いがあって、敬太郎さんのことを好きな人たちが会費もはらって集まってきたんだ。だからステージは本当に気持ちいい。飛び入りの大阪から仕事終えてハモニカもってきたわんちゃんや、三重からも中俣くんそのほかにも遠くから駆けつけて人たちもたくさん、そして客席には以前は音楽を演じていて今はプロデューサーになってるひとや、いわゆる業界のひとが敬太郎さんファンと一緒の席で彼の唄を聴いている。エレックレコードってすぐになくなっちゃったから、みんなそれぞれレコード会社を変えたり、私のように唄うことすらやめたりした人もたくさんあって、そしてなんといっても関西の拠点URC系の人たちとは何かと色分けされたりもあったし、、、。でもね、この夜は柔らかかったよ。唄う敬太郎さんもほかのアーティストの人達も、この数年何度かいろいろな人たちのお祝いライヴにいかせてもらったけれど、こんなに穏やかで気持ちよいお祝い会は初めてだ!昨夜ご丁寧に敬太郎さんから「アリガトね」の電話。すっごく嬉しかったって。敬太郎さん末永くよろしくね、私の尊敬するアーティストでありダイスキな人だ。
そう、風に吹かれての金谷くんは凄い。この柔らかさは彼がみんなとつくった。私は彼の口から、大げさなことや、人の悪口を今まで一度も聞いたことがない。それは偉大だ!
posted by よしだよしこ at 00:00| 日記